TOPICS

住まいの選び方

◆ 住まい探しは自分の精神状態の良い時に!!

  精神状態の良い時には良い住まいに出会えますよ。
  
  精神的余裕、時間的余裕、経済的余裕があれば冷静な判断力を持てます。


  期間は余裕を持って、
  2ヶ月前くらいから探し始めましょう。


  訪れた不動産屋さんで希望の条件に合う物件が無い時、
  手持ちの物件を強引に勧める業者さんより、
  他の業者さんに聞いてでも、
  条件に合うものを探して紹介してくれる
  良心的な不動産屋さんがいいですね。


  信頼できる不動産屋さんを見つけることは、
  情報収集においてもっとも大切なことです。


◆ 実際に自分の目と心で確認すること

  日当たり・周囲の環境・騒音など、
  そこの場所に着いた時の感覚が、
  【ここに住めたら嬉しいなぁ】
  【なんか落ち着く・・】
  そんな感じがしたら自分に合っていますよ。
  (相性はとっても大事です!)


  物件を見る際には、
  部屋の中で立ち止まる、
  ちょっと座ってみるなどして、
  居心地(感覚)を確認してみましょう。
  これから生活をしていくのですから、
  居心地のよい部屋を選びたいですよね。
  嫌な感覚のする場所では、
  長く安心して暮らすことができないのです。


  間取りは、手持ちの家具が収まるか、
  使い勝手はどうかなど、
  実際に住んだつもりでイメージを膨らませましょう。


  膨らんだそのイメージが、
  【ここに住めたら嬉しい】 
  【気持ちが明るくなれる】
  そう思えるのだったら自分にとっていい住まいなんですよ。


  築年数や見栄えだけでなく、
  「五感」で感じる感覚を大切に物件選びをしてみてくださいね。


IMG_1435.JPG


◆中古住宅で気を付けたいこと


その物件の前に立っただけで良し悪しがわかります。
中に入ったらもっとわかります!


築浅物件で価格も安い、環境もいい、
どんなに条件が良くて不動産屋さんから勧められても、
パッと見て「なんか嫌だなぁ・・・」と思ったら
避けたほうが無難です。

実際に自分の目と心で確認して、
その場所に着いた時の第一印象、
「五感」「第六感」で感じる感覚とでもいいましょうか
そこを大切にしていただきたいのです。


人はそういうことを感じる力が本来備わっているもの!

住環境は人の幸せを左右するとても大切なものなんですよ!

DSCN0217.JPG


「ここに住みたい居心地が良さそう〜」
そう思えたらGOODなんです!

そんな場所は、空気が澄んでいて印象がパッと明るい感じがするものです。
自分がそこで暮らしているイメージが容易にできるし、
ずっといても飽きないし好きだと思えます。

これからずっと生活をしていくのですから、
長く安心して暮らせる家、
ずっと幸せでいられることが一番ですよね!


人と人とが見えない縁で結ばれているように、
人と家も互いに引き合い必然的に出会う・・・




後悔しない住まい選びや住まいづくりは「キラキラ不動産」
住まいカウンセラー、整理収納アドバイザー、ルームスタイリスト・プロの
田中美智子がサポートしますよ♪
幸せを感じる「五感」「第六感」を大切にしています。


image_8.jpg







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
3dax

この記事へのTrackBack URL
http://kirakira.area9.jp/tb.html/0208847